東電

新潟限定の原発CM 避難者ら抗議文提出へ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
東電が県内限定で放送しているCMのワンシーン=東電提供
東電が県内限定で放送しているCMのワンシーン=東電提供

 東京電力が、柏崎刈羽原発(新潟県柏崎市)の再稼働に向け、防災訓練や安全対策に関する取り組みを紹介する新潟県内限定のテレビCMを流していることに、避難者らが反発を強めている。福島第1原発事故から間もなく5年を迎える中、県内には福島県からの避難者がいまだに3000人以上いる状況で、避難者や新潟市議らは「配慮が足りず、内容も実態とかけ離れている」と指摘。15日には放送中止を求めて東電に抗議する方針で、準備を進めている。【真野敏幸】

 「どんな状況にも対応できるよう訓練に全力を注ぎます」。東電が制作した最新の30秒CM「緊急時訓練編」では、柏崎刈羽原発内で防災訓練に取り組む様子が紹介され、最後は職員らのメッセージで結ばれている。

この記事は有料記事です。

残り617文字(全文931文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集