メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女子テニス

シャラポワ、薬物検査で陽性 引退は否定

記者会見で薬物検査で陽性が出たことを明かすマリア・シャラポワ選手=米ロサンゼルスで2016年3月7日、長野宏美撮影

 【ロサンゼルス長野宏美】女子テニスで4大大会を5度制しているマリア・シャラポワ選手(28)=ロシア=が7日、ロサンゼルスで記者会見を開き、1月の全豪オープンのドーピング検査で禁止薬物「メルドニウム」の陽性反応が出たことを明かした。引退は否定した。国際テニス連盟(ITF)は同日、12日から暫定的な出場資格停止処分を科すと発表した。

 シャラポワ選手は不整脈など健康上の理由や糖尿病の家系のため、2006年から医師の処方でこの薬物を服…

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文492文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  2. 第74回毎日映画コンクール 大賞に「蜜蜂と遠雷」 美しい映像で音楽表現 優秀賞「新聞記者」

  3. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  4. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  5. 論点 橋下徹さん「罪悪感なく公文書廃棄する政府の恐ろしさ」 桜を見る会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです