メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女子テニス

シャラポワ、薬物検査で陽性 引退は否定

記者会見で薬物検査で陽性が出たことを明かすマリア・シャラポワ選手=米ロサンゼルスで2016年3月7日、長野宏美撮影

 【ロサンゼルス長野宏美】女子テニスで4大大会を5度制しているマリア・シャラポワ選手(28)=ロシア=が7日、ロサンゼルスで記者会見を開き、1月の全豪オープンのドーピング検査で禁止薬物「メルドニウム」の陽性反応が出たことを明かした。引退は否定した。国際テニス連盟(ITF)は同日、12日から暫定的な出場資格停止処分を科すと発表した。

 シャラポワ選手は不整脈など健康上の理由や糖尿病の家系のため、2006年から医師の処方でこの薬物を服…

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文492文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. ことば AYA世代

  4. 15~39歳「AYA世代」のがん 女性が78% 国立がん研究センター調査

  5. 「紅白」司会に綾瀬さんと桜井さん 総合司会は内村光良さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです