メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世論調査

被災地への関心「風化」8割

原発を今後どうするかについて

原発再稼働「反対」53%、「賛成」30%

 毎日新聞が5、6両日に実施した全国世論調査で、東日本大震災の被災地に対する国民の関心が薄れたと感じることがあるかを尋ねたところ、「ときどき感じる」との回答が51%に上った。「よく感じる」の28%と合わせると8割が「風化」を意識している。安倍内閣のもとで昨年から進んでいる原発の再稼働については「反対」が53%で、「賛成」の30%を上回った。

 被災地への関心は、震災から2年にあたる2013年3月調査でも聞いた。このときも、関心の薄れを「とき…

この記事は有料記事です。

残り679文字(全文920文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  3. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  4. 石破氏「幕引きにならない」 桜を見る会巡り、首相に記者会見求める

  5. 大阪桐蔭が優勝 8大会連続14回目 高校ラグビー大阪大会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです