メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「中根」の目・データが語る

志願者が多い国立大1位 千葉大

[PR]

 国公立大前期日程の合格発表がピークを迎えている。今年は東大が初の推薦入試を行うなどした影響で、志願動向にも変化があった。

     東大は昨年まで4年連続で最多の志願者を集め、1万2000人超が受験していたが、今年は推薦入試導入に伴う後期試験廃止で大きく減った。代わってトップに立ったのが千葉大。国立大初の国際教養学部設立などが人気を呼んだ。

     4年前は東大、阪大、神戸大、北大、千葉大と志願者1万人以上の大学が5校あったが、今年は2校と減少傾向にある。推薦入試をはじめとする入試の多様化により、一般入試の募集定員が減っており、この傾向は今後も続きそうだ。

     ちなみに、公立大は首都大東京(8481人)、大阪府立大(8439人)、高崎経済大(7840人)の順。私立大トップは3年連続で近畿大だ。【毎日新聞大学センター長・中根正義】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

    2. 「3人殺すと死刑なので2人までに」 新幹線殺傷、公判で被告

    3. 犠牲者最後の言葉は「待て、話を聞け」 新幹線殺傷の被告

    4. 中村さん事件で生存者 後続車運転の男性「突然の銃声、20秒の犯行」

    5. 診療所の倉庫に複数のクマ「ライト当てると目が動いた」 新潟・南魚沼

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです