メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外1票の格差訴訟「違憲状態」 高松高裁判決
こちらもオススメ

ソプラノ小林沙羅さん 発音・発声の“奥義”伝授

ときに艶やかに、ときに初々しく、歌声を響かせる小林沙羅さん=東邦音大で

東邦音大レクチャーコンサート「日本語、ドイツ語、イタリア語の声楽作品を歌う」

 オペラアリアから歌曲まで幅広いレパートリーを誇るソプラノ歌手、小林沙羅さんが2月24日、東邦音楽大学(東京都文京区)で行われたレクチャーコンサートで、声楽ファンを前に発音・発声法を初めて披露した。「『r』の発音は練習あるのみ。私も受験生時代は巻き舌ができなかった」「レッスンで筋肉を使うので特別な筋トレはしない」「声を出さず想像することも大切な練習」などと、自らの体験から編み出した“奥義”を伝授。熱心にメモを取るファンもおり、「学び直すヒントをもらった」「歌詞がストレートに伝わった」と目を輝かせていた。

この記事は有料記事です。

残り953文字(全文1248文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県警機動隊員を逮捕 SNSで迷惑行為の疑い

  2. ソチ五輪銅の平岡選手 ひき逃げ容疑で事情聴取 奈良県警

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 吉祥寺「2階は喫茶店」…実は無許可の映画館 容疑の社長ら16日書類送検

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです