メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私だけの東京・2020に語り継ぐ

作家・安部譲二さん 杉並の路地で火の用心

東京について語る作家の安部譲二さん=東京都杉並区阿佐谷の自宅で2016年2月24日、藤原章生撮影

 今の女房(美智子さん)の実家が杉並区の西荻窪なんで、すぐ行けるJRの中央線沿線に30年近く住んでるんです。中央線ってのは、立川の競輪場に行くためにあると思ってたんだけどね。ベレー帽なんかかぶってる芝居関係者が多いですよ。今でも? 今も多いよ。ベレー帽が似合うヤツって一人も知らないけどね。何でベレー帽なんだろう。誰かが褒めたのかねえ。

 結婚したのはアイツが35で、俺が51。アイツの西荻窪のマンションに入り込めるようになった時、僕はキ…

この記事は有料記事です。

残り1577文字(全文1795文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はやぶさ2、リュウグウ着陸成功 データ確認で管制室に歓声
  2. はやぶさ2試料採取の意義とは 新たな太陽系のなぞを探る「0.1グラム」
  3. 「大好きだよ、はやぶさ2」ブライアン・メイさんが応援メッセージ
  4. 東京都立高入試、過去最低の平均応募倍率 進む二極化
  5. はやぶさ2 「まさか」科学的に意外だったリュウグウの姿

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです