メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 江戸時代では早くから「読み売り」という、ニュースを読みながら街頭で売る新聞があった。震災や火事の報道は、取材にもとづく現場がリアルに表現されている。日本におけるメディアの歴史も、ずいぶん長いのである。

 法政大学出身者はメディア業界で働く人が多い。メディア社会学科があり、自主マスコミ講座もある。この講座からアナウンサーとして就職する卒業生もいて、とくに女子アナウンサーの数は全国の大学の中で上位に位置する。朝のニュースの後、夜のニュースでも活躍しているNHKの鈴木奈穂子さんも本学の出身者である。

 マスメディアの世界で働く卒業生たちはマスコミオレンジ会という組織を作り、毎年総会を開いている。その総会に呼ばれ、今年はあいさつの中で「マスメディアの役割」について話した。

この記事は有料記事です。

残り420文字(全文755文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  2. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  3. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです