メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クマゲラ

札幌で調査 行動記録し生息数推測 参加申し込み、きょうまで 12日実施 /北海道

ブナ林で営巣する国の天然記念物、クマゲラ=黒松内町で14年5月28日、手塚耕一郎撮影

生態紹介のフォーラムも

 札幌市近郊の道立自然公園・野幌森林公園で12日、市民による「クマゲラ一斉調査」が実施される。調査は今年で30回目で、市民による長年のデータ蓄積は貴重。同日午後には記念フォーラムも開催され、クマゲラを育む自然を考える。

 クマゲラは全長約45センチになる日本最大のキツツキで、黒い体と赤い頭頂部が特徴。国の天然記念物で、環境省レッドデータブックでは絶滅危惧2類に指定されている。野幌森林公園は約2050ヘクタールの敷地内に落葉広葉樹林が広がり、多くの野鳥が生息しており、市民団体「野幌森林公園を守る会」が1987年から毎年、一斉調査してきた。

 調査には60人以上参加し、500メートル四方ごとに配置。一定時間観察し、クマゲラの行動を記録して生…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 内村航平が予選落ち 体操全日本選手権
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 人面魚、今も山形の寺に 昭和→平成→令和へ
  4. 「給料泥棒」「ずるい」 7年育休のNHKアナ退職、バッシング殺到の背景は?
  5. USJ入場料、10連休中「過去最高額」に 混雑緩和なるか?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです