メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夢をつかむ

筋電義手の子どもたち/27 「次はケーキ屋さん」 できること多くなり自信 /兵庫

左手に着けた筋電義手の訓練中、おちゃめなポーズを取る竹田歩叶ちゃん=神戸市西区の兵庫県立リハビリテーション中央病院で、桜井由紀治撮影

 生まれつき左手の先がなく、兵庫県立リハビリテーション中央病院(神戸市西区)が創設した「小児筋電義手バンク」から筋電義手の貸与を受けた竹田歩叶(ほのか)ちゃん(6)=奈良県生駒市。その筋電義手は、もうボロボロだ。訓練を始めてから1年。人の手に似せたグローブの指先は穴が開き、テープを巻いてしのいでいる。

 筋電義手は全国の善意を受けて貸与されている。歩叶ちゃんは「壊してはいけない」と大切に取り扱ってきた…

この記事は有料記事です。

残り1085文字(全文1286文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「飲酒強要、ズボン脱がす」 近大医学部ゴルフ部員、警察に相談
  2. 国税庁委託先がマイナンバーなど個人情報70万件漏えい
  3. 日大チアパワハラ 「学校の恥」「ずる賢いばか」暴言次々
  4. 梅毒啓発へ漫画「コウノドリ」無料公開 講談社
  5. 「群馬大医学部不合格は55歳の年齢」横浜68歳女性、公明正大な入試訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです