メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夢をつかむ

筋電義手の子どもたち/27 「次はケーキ屋さん」 できること多くなり自信 /兵庫

左手に着けた筋電義手の訓練中、おちゃめなポーズを取る竹田歩叶ちゃん=神戸市西区の兵庫県立リハビリテーション中央病院で、桜井由紀治撮影

 生まれつき左手の先がなく、兵庫県立リハビリテーション中央病院(神戸市西区)が創設した「小児筋電義手バンク」から筋電義手の貸与を受けた竹田歩叶(ほのか)ちゃん(6)=奈良県生駒市。その筋電義手は、もうボロボロだ。訓練を始めてから1年。人の手に似せたグローブの指先は穴が開き、テープを巻いてしのいでいる。

 筋電義手は全国の善意を受けて貸与されている。歩叶ちゃんは「壊してはいけない」と大切に取り扱ってきた…

この記事は有料記事です。

残り1085文字(全文1286文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 働き方法案可決 人の命かかってるのに 傍聴席ぼうぜん
  2. 働き方改革関連法案 高プロ「働かされ放題」の恐れ
  3. 質問なるほドリ 「高プロ」って何?=回答・早川健人
  4. 石川・粟津駅 2男児、特急と接触か 1人死亡1人重体
  5. 水族館 ヒョウモンダコが産卵 触手で抱えるように 長崎

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]