メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夢をつかむ

筋電義手の子どもたち/27 「次はケーキ屋さん」 できること多くなり自信 /兵庫

左手に着けた筋電義手の訓練中、おちゃめなポーズを取る竹田歩叶ちゃん=神戸市西区の兵庫県立リハビリテーション中央病院で、桜井由紀治撮影

 生まれつき左手の先がなく、兵庫県立リハビリテーション中央病院(神戸市西区)が創設した「小児筋電義手バンク」から筋電義手の貸与を受けた竹田歩叶(ほのか)ちゃん(6)=奈良県生駒市。その筋電義手は、もうボロボロだ。訓練を始めてから1年。人の手に似せたグローブの指先は穴が開き、テープを巻いてしのいでいる。

 筋電義手は全国の善意を受けて貸与されている。歩叶ちゃんは「壊してはいけない」と大切に取り扱ってきた…

この記事は有料記事です。

残り1085文字(全文1286文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  2. アジア大会 競泳表彰式で中国と日本の国旗が落下トラブル
  3. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  4. 近鉄 ホームに沈む可動柵 新型、数年内導入
  5. WEB CARTOP 高速道路が渋滞していても一般道に降りないほうがいいワケ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです