メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今治市

防災対策に本腰、FM活用 費用を予算化 /愛媛

FMラヂオバリバリが移転する今治市のみなと交流センター

 今治市は地域のコミュニティーFM放送「今治コミュニティ放送」(愛称・FMラヂオバリバリ)を活用した防災対策を進める。緊急時の「迅速かつ確実な情報伝達手段」(菅良二市長)と位置づけ、市が筆頭株主となって体質を強化。地形によって放送が入りにくい場所をなくすための調査費用も市が予算化し、南海トラフ巨大地震などの大規模災害に備える。【松倉展人】

 開会中の3月定例市議会に関連予算を上程している。市は同社に2445万円の追加出資を行って持ち株比率…

この記事は有料記事です。

残り512文字(全文732文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです