柏崎刈羽原発

制御棒1本、勝手に動く 規制委に報告

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京電力柏崎刈羽原発。左から5号機、6号機、7号機=2015年5月、本社機「希望」から
東京電力柏崎刈羽原発。左から5号機、6号機、7号機=2015年5月、本社機「希望」から

 東京電力は8日、停止中の柏崎刈羽原発(新潟県柏崎市、刈羽村)5号機で、核分裂反応のブレーキ役となる185本の制御棒のうち、1本が勝手に動いたと発表した。間もなく元に戻り、安全上の問題はないとしている。東電は原子炉等規制法の規則に基づき、事態を原子力規制委員会に報告した。

 東電によると、午後2時8分ごろに制御棒…

この記事は有料記事です。

残り196文字(全文352文字)

あわせて読みたい

ニュース特集