メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうすれば安全安心

すっきり目覚めるには 休みでも起床時間同じに

一晩の睡眠経過(36歳の健康な男性の例)

 春眠暁を覚えず−−。暖かな日差しに変わるこの時期、つい寝過ごしてしまいがちだ。とはいえ「十分に寝たのに寝覚めが悪い」「あと5分だけ布団に……」と、つらい朝を迎える人も多いはず。すっきり目覚める方法はないのか。国際学会が定めた「世界睡眠の日」(18日)を前に、取材した。【庄司哲也】

日光浴び体内時計管理/「きちんと朝食」、運動も/寝室に悩み持ち込まず

 「健康の秘訣(ひけつ)として『早寝早起き』と言われてきましたが、実は『早起き早寝』こそがポイントなのです。休日に日ごろの睡眠不足を解消しようと朝寝坊をしたりしていないでしょうか。それでは夜の寝つきが悪くなり、睡眠のリズムを崩してしまいます。毎朝すっきりと目覚めるには、起床時間を一定にすることが重要です」

 そう話すのは、睡眠の専門家で日本大医学部精神医学系主任教授の内山真さんだ。快適な目覚めは前夜の早寝より、前日の朝が鍵を握るというのだ。なぜなのか。

この記事は有料記事です。

残り1907文字(全文2309文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アフガン撤収7年 豪軍39人殺害、徹底捜査 政府、独立機関を設置

  2. 新型コロナ PCR検査拒否に罰則 都民フ、条例案提出へ

  3. プロ野球 日本シリーズ ソフトバンク4-0巨人(その2止) 巨人、暗雲の無限列車 13年第7戦から8連敗

  4. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  5. 桜を見る会「前夜祭」そもそも何が問題だったのか? 捜査の行方は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです