メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

電力自給

東日本大震災5年/上 変わらぬ省エネ後進県 /和歌山

地域で管理できる小水力発電用の水車を手に、自然エネルギーの利用を説く中島教授=和歌山市栄谷の和歌山大で、稲生陽撮影

 2万人近くの犠牲者を出し、原発事故も引き起こした東日本大震災から間もなく5年がたつ。原発停止に伴う電力不足の懸念、そして事故で明らかになった原発の環境リスクの大きさは、私たちの電力に対する見方に大きな変化をもたらした。県内でも、自分たちが使う電気を原発に依存せず地元でまかなう「電力の地産地消」に向けた動きが出始めた。誰もが電力売買先を選べる「電力自由化」を4月に控え、私たちの暮らしに欠かせない電力の現状と将来像を探った。

この記事は有料記事です。

残り1124文字(全文1337文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 二宮金次郎像は、かつて小学校校庭の…
  2. 検証 拷問「外でやれ」「静かにしろ」 皇太子批判の末 サウジ記者、総領事館で何が
  3. 祖父母殺傷 少年「生徒に殺意。迷惑避け、まず家族を」
  4. 自画撮り 裸画像要求 スマホ世代、抵抗感薄く 
  5. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです