メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インフルエンザ

県が流行警報 38医療機関、患者数平均30人超え /島根

 県は9日、県全域にインフルエンザ流行警報を発令した。2月29日から6日までの1週間に県内38の定点医療機関から報告があった患者数は平均30・39人。警報の基準となる30人を今シーズン初めて上回った。

 薬事衛生課によると、38機関の患者数は合計で1155人。地区ごとの平均患者数は雲南(46・67人)、出雲(37・89人)、松江(3…

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文417文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トイレットペーパーに続きティッシュまで買い占め 業界、デマに冷静な対応呼びかけ

  2. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  3. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  4. 「強いメッセージ」にこだわった安倍首相、臨時休校要請を強行 側近萩生田氏も押し切る

  5. WHO、新型肺炎の世界的流行を認定 危険性評価「非常に高い」へ引き上げ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです