メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台湾

蔡氏、野党主席と会談 社会の団結や融和促す

親民党の宋楚瑜主席(右)から同党シンボルカラーのオレンジ色を示すミカンを贈られた民進党の蔡英文次期総統=台北市内で9日、鈴木玲子撮影

 【台北・鈴木玲子】台湾・民進党の蔡英文次期総統(59)は9日、野党・親民党の宋楚瑜(そうそゆ)主席(73)と台北市内で会談した。両氏は1月の総統選で戦ったが、蔡氏側は5月の新政権発足に向け、他党との対話で政界の激しい対立構造に終止符を打ち、社会の団結や融和を促進させるのが狙いとみられる。

 会談は民進党側から持ちかけたという。選挙後、両氏が会談するのは初めて。会談は非公開だったが、話題は年…

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文492文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会 福岡市長、5年連続出席 招待理由は「把握せず」

  2. 科学の森 新分子で「魔女の雑草」撲滅を アフリカ食糧問題に光明

  3. 訃報 時代劇「遠山の金さん」 俳優の松方弘樹さん74歳

  4. 米グーグルに逮捕歴の削除命じる 札幌地裁、不起訴の男性が求める

  5. 梅宮辰夫さん死去 やくざ映画に欠かせない存在 6回のがん手術

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです