帰宅困難者

一時滞在施設、事前公表望まず7割 都集計

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
都庁の中で一夜を明かした帰宅困難者たち=東京都新宿区で2011年3月12日午前7時27分、須賀川理撮影
都庁の中で一夜を明かした帰宅困難者たち=東京都新宿区で2011年3月12日午前7時27分、須賀川理撮影

 首都直下地震に備え、帰宅困難者の一時滞在施設として東京都内で確保されている民間施設365カ所のうち、災害発生前の公表を希望していない施設が7割超の278カ所を占めていることが都の集計で分かった。都や区市町村は原則、希望しない民間施設を公表していない。避難者が殺到することなどへの懸念が理由だが、事前周知の必要性を指摘する意見も出ている。【川畑さおり】

 東日本大震災に伴う帰宅困難者は内閣府の推計で、東京都352万人▽神奈川県67万人▽千葉県52万人▽埼玉県33万人▽茨城県南部10万人−−に上った。2012年に都が公表した首都直下地震の被害想定によると、帰宅困難者は約517万人に及ぶ。うち観光客など行き場のない人は約92万人に上ると想定している。

この記事は有料記事です。

残り1193文字(全文1518文字)

あわせて読みたい

注目の特集