メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ゆうちょ限度額

引き上げ了承…低金利で運用難の恐れ

 政府の郵政民営化委員会(委員長・増田寛也元総務相)は9日、ゆうちょ銀行の預け入れ限度額を現行の1000万円から1300万円に、かんぽ生命の限度額を1300万円から2000万円に引き上げる政府の政令改正案を了承した。4月から引き上げられる見通し。ただ、日銀のマイナス金利政策導入による長期金利の低下で、金融機関の国債による運用難が見込まれている。限度額引き上げで貯金の流入が進むと、今後のゆうちょ銀の資金運用が厳しさを増す可能性もある。

 ゆうちょ銀は昨年12月末時点で84兆円と巨額の国債を保有し、総資産に占める割合は約41%にのぼる。業務規制があるため融資が原則できないゆうちょ銀は、国債からの利息収入に大きく依存してきた。ただ、低金利が長期化して国債からの利息収入が減少傾向にあることから、ゆうちょ銀は、外資系証券から運用責任者を招き、外国債券や社債などに投資するなど、運用を多角化して収益の向上を目指してきた。

この記事は有料記事です。

残り250文字(全文658文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『きかんしゃトーマス』日本から来た新キャラ“ケンジ”登場 劇場版新作、21年春公開

  2. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  3. ODAでソロモン諸島に配備した防災連絡システム、約3年使われず 検査院指摘

  4. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  5. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです