ハナサンゴモドキ

繁殖に世界初成功 かごしま水族館

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 鹿児島市のかごしま水族館は、種子島沿岸のみで確認されるサンゴの一種「ハナサンゴモドキ」の飼育下での繁殖に世界で初めて成功したと発表した。研究成果は名古屋市で1月あった水族館技術者研究会(日本動物園水族館協会主催)で報告し、ベストプレゼンテーション表彰を受けた。幼生は、かごしま水族館で見ることができる。

 ハナサンゴモドキは、ハナサンゴ科ハナサンゴ属。先端が風船のように膨らんだ触手を持つ。鮮やかな緑色の他、褐色の群体も見られる。種子島でも沿岸でしか確認されておらず、詳しい生態も分かっていない。

この記事は有料記事です。

残り299文字(全文547文字)

あわせて読みたい

注目の特集