地震調査委員会

「M8の余震、留意を」 震災5年以降も

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 政府の地震調査委員会の本蔵義守委員長(東京工業大名誉教授)は9日、東日本大震災のマグニチュード(M)9の地震以降の余震活動について、他の地域の巨大地震を踏まえ、震災当日に起きたM7.6の最大余震を上回る「M8を超えるような余震の可能性について、留意を続けなければならない」と述べた。

 同日開かれた地震調査委が、震災後5年間の余震活動を評価し…

この記事は有料記事です。

残り257文字(全文428文字)

あわせて読みたい

注目の特集