メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高浜運転差し止め

「何度も止まるのは遺憾」福井県知事

 関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)の運転を差し止めた大津地裁決定に、福井県の西川一誠知事は9日夕、報道陣の取材に応じ、「司法レベルの判断とはいえ、動いている原発が何度も止まったりする状況を繰り返すことは、立地地域の不信や不安が危惧される。こうした状態は遺憾」と不満を表すとともに、「我々は県民の安全を守り、これが国民の信頼につながると努力をずっと繰り返してきた」と強調した。

 高浜町の野瀬豊町長は「正直、驚いた。各地の地裁ごとに判断がばらつき、立地自治体としては、翻弄(ほんろう)され、もてあそばれている状況だ。残念だ」と述べた。また、高浜原発から30キロ圏内にある京都府舞鶴市の多々見良三市長は、3、4号機の再稼働を容認した立場から「決定の詳しい内容まで聞いてはいないが、昨年の再稼働容認の判断は現在のところ覆すつもりはない」と話した。

この記事は有料記事です。

残り243文字(全文617文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民・杉田議員「女性はいくらでもうそ」 性犯罪に関し党会議で発言 記者団には否定

  2. 国会前に「石炭だめ」など100足ズラリ 「シューズアクション」 若者が温暖化対策訴え

  3. コロナ感染、労災「全て認定」 異例の対応の背景とは

  4. GmailなどGoogle複数のサービスで一時障害か

  5. 金正恩氏から謝罪の通知文 北朝鮮、韓国船員射殺で 国際社会の批判懸念か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです