保育園落ちた

母親ら、改善求め厚労相に署名提出

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 保育園に入れなかった母親らが9日、国会内で塩崎恭久厚生労働相に保育園の整備加速や保育士の処遇改善などを求める2万7682人分の署名を手渡した。「保育園落ちた日本死ね!!!」と題したブログをきっかけにネット上の署名サイトで集まったもので、午前中の衆院厚生労働委員会で民主党の山尾志桜里議員が塩崎氏に署名を直接受け取るように求め、実現した。

 署名を渡した東京都渋谷区の女性は1歳2カ月の長男を抱きながら「認可、(東京都の独自制度の)認証、認可外保育所全て落ちた。今月末で育休が切れ、復職できないと退職せざるを得ない。いつかやる、ではなく、いつまでに何をどうするか明確にしてほしい」と訴えた。塩崎氏は「しっかりと受け止めたい」と応じた。

この記事は有料記事です。

残り293文字(全文609文字)

あわせて読みたい

注目の特集