東日本大震災5年

福島第1原発 続く汚染水との闘い、廃炉に立ちはだかる「溶融核燃料」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
福島第1原発全景
福島第1原発全景

 世界界最悪のレベル7となった東京電力福島第1原発事故から5年が経過した。かつて敷地内には「野鳥の森」といわれる森林があったが、今では汚染水を貯蔵するタンクが約1000基林立し、灰色の基地のような姿に一変した。

 5年間の廃炉作業で、国や東電が最も労力を注いだのが汚染水対策だ。しかし、2013年にはタンクから汚染水約300トンが漏れ、海洋に流れ出ていたことが発覚。その後も汚染水の漏えいや、人為ミスによるトラブルも頻発した。

 汚染水は、壊れた原子炉建屋に地下水が流入することによって1日400トンずつ増えていた。東電は汚染前の水を井戸でくみ上げるなどの対策を進め、流入量を1日150〜200トンまで減らせたとしている。

この記事は有料記事です。

残り946文字(全文1255文字)

あわせて読みたい

注目の特集