メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
東日本大震災5年

「生きること」考えたい 加古川出身の映画監督・後藤サヤカさん、僧侶6人の活動追う /兵庫

姫路で初の里帰り上映会を行う後藤サヤカ監督=兵庫県姫路市内で、山縣章子撮影

「Buddhist」26日姫路で上映

 加古川市出身の女性映画監督、後藤サヤカさん(31)=東京都、写真=が6人の僧侶の活動を追ったドキュメンタリー映画「Buddhist−今を生きようとする人たち」が26日午後2時から、姫路市勤労市民会館(同市中地)で上映される。故郷の播磨では初の里帰り公開となる。製作は加古川市、東京で阪神大震災と東日本大震災に遭い、人生を考え直したことがきっかけだという。「『いつ死ぬか分からない』なら、今を生きることを一緒に考えたい」とカメラを回してきた。上映会では出演者らを招いて人生観をテーマにしたトークも実施する。【山縣章子】

 後藤さんは10歳だった1995年に阪神大震災を加古川市で経験。2011年3月11日には、都内の駅で…

この記事は有料記事です。

残り706文字(全文1033文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイタニック、腐食進む 14年ぶり有人海底探査

  2. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

  3. 「表現の不自由」考 「従軍慰安婦はデマ」というデマ 歴史学者、吉見義明氏に聞く

  4. あおり運転か 車止めさせ運転手の顔殴打疑い 42歳男逮捕 岐阜

  5. 道具いらず煮干しの解剖 夏休みの自由研究におすすめ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです