メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

希望新聞

東日本大震災 福島産果実で「復興ワイン」 郡山で初醸造

 東日本大震災と東京電力福島第1原発事故からの復興を支援しようと、三菱商事復興支援財団が福島県郡山市に建設した醸造工場「ふくしま逢瀬ワイナリー」で初めて製造されたワインが出荷時期を迎えた。全て福島県産の果実を使用しているのが特徴。「復興ワイン」を通して福島の食の安心・安全を発信する。

 出荷するのはブドウを原料としたスパークリングワインとリンゴを原料としたシードル計約5500本(750ミリリットル)で、価格は2000円…

この記事は有料記事です。

残り316文字(全文526文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  2. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  3. 羽生、巻き返しへの一手は? フィギュアGPファイナル 今季後半へ手応えも

  4. 診療所のクマ、冬眠中の親子か 3頭を捕獲、けが人なし 新潟

  5. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです