特集

東日本大震災

2011年3月11日に発生した東日本大震災。復興の様子や課題、人々の移ろいを取り上げます。

特集一覧

東日本大震災5年

鎮魂の祈り…大槌の住職、苦悩5年

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
3人が眠る墓の前で手を合わせる江岸寺の大萱生良寛住職=岩手県大槌町で2016年3月11日午前9時31分、和田大典撮影
3人が眠る墓の前で手を合わせる江岸寺の大萱生良寛住職=岩手県大槌町で2016年3月11日午前9時31分、和田大典撮影

 津波で市街地が壊滅し、人口の約1割に当たる1200人以上の死者・行方不明者を出した岩手県大槌町。11日朝、町中心部に近い江岸寺(こうがんじ)の住職、大萱生良寛(おおがゆう・りょうかん)さん(57)は静かに手を合わせた。檀家(だんか)約680人が犠牲になり、父秀明(しゅうみょう)さん(当時82歳)と、いずれ後を継ぐはずの長男寛海(ひろうみ)さん(同19歳)を失い、次女秀子さん(同24歳)は震災後に自殺。悲しみが癒えることはなかったが、いつかは前向きに生きられるよう願う。

この記事は有料記事です。

残り722文字(全文959文字)

【東日本大震災】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集