広島・中3自殺

報告書で「学校の責任がある」と結論

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
全校集会に参加するため、学校に向かう生徒たち=府中町で2016年3月9日午前8時17分、山田尚弘撮影
全校集会に参加するため、学校に向かう生徒たち=府中町で2016年3月9日午前8時17分、山田尚弘撮影

「内規手順すべて怠っていた」

 広島県府中町立府中緑ケ丘中3年の男子生徒(当時15歳)が誤った万引き記録に基づく進路指導を受けた後に自殺した問題について、学校側がまとめた報告書が10日、開示された。報告書は、万引きがあった際の面談など内規に定められた手順をすべて怠っていたと指摘。また学校に対し生徒が「どうせ言っても先生は聞いてくれない」と保護者に打ち明けていたことも明らかにした。報告書は生徒の自殺に関し「学校としての責任がある」と結論づけている。

 報告書は2月29日付で約50ページ。坂元弘校長ら5人が調査しまとめた。報告書によると、万引き事件があったのは2013年10月6日。広島市内のコンビニエンスストアから1年生の男子2人が万引きをしたと学校に電話があった。日曜日だったが、出勤していた教諭が店に出向き、2人の保護者を呼んで謝罪させた。教諭は翌日、生徒指導担当教諭に口頭で報告。生徒指導担当教諭はパソコンに入力する際に名前を間違え、自殺した…

この記事は有料記事です。

残り595文字(全文1019文字)

あわせて読みたい

注目の特集