メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

震災5年

聞きたい「じいじ」 守れなかった孫娘よ

鈴木堅一さんの仮設住宅の玄関先に掛けられた理子さんの遺品のランドセル。出入りするとき「じいじは頑張るよ」などと語り掛ける=岩手県釜石市栗林町で、中田博維撮影

 東日本大震災から11日で5年。大切な人を失った「あの日」。同じ思いを繰り返したくないと、津波や地震の研究を目指す大学生。子どもたちに励まされ起業した父。仮設住宅で1人暮らしの祖父は今も後悔が消えない。大切な人への思いを胸に、それぞれの5年を迎える。

 岩手県釜石市の市消防団副団長の鈴木堅一さん(72)は東日本大震災の津波で、息子家族3人と妻の計4人を一度に失った。今月末には50年近く活動してきた消防団から退く。多くの現場で活躍してきたが、5年前のことを「悲しいというより悔しい。もし自分が消防団に入っていなかったら、と思うこともある」と、1人で暮らす仮設住宅で自問自答している。

 鈴木さんは、同市鵜住居(うのすまい)町の自宅で強い揺れを感じた。場所は津波で200人以上が犠牲にな…

この記事は有料記事です。

残り1107文字(全文1448文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  2. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  3. 中央線が再開 喜ぶ山梨県民 中央道も昼に開通

  4. 「ナイトスクープおもんない!」 元探偵・小枝が批判 “現役”真栄田「番組に依頼しては」(スポニチ)

  5. 政治家個人への献金「仮想通貨は規制対象外」 政府答弁書

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです