メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災5年

東日本大震災とは 被害のまとめと現在

[PR]

 2011ねんがつ11日午後にちごご46ぷん東北地方とうほくちほう太平洋海底たいへいようかいてい震源しんげんとするマグニチュード(M)9・0の大地震おおじしん東日本一帯ひがしにほんいったいおそいました。地震じしんでおきた大津波おおつなみ岩手いわて宮城みやぎ福島ふくしまけん沿岸部えんがんぶなどをおそい、地域ちいきによってはまちがほぼ壊滅かいめつしてしまうほどの被害ひがいました。死者ししゃは1まん5894にん行方不明者ゆくえふめいしゃ2562にん。その避難生活ひなんせいかつでのつかれや精神的せいしんてきストレスなどで体調たいちょう悪化あっかしてくなる「震災関連死しんさいかんれんし」は3407にん昨年さくねんがつ30日現在にちげんざい復興庁調ふっこうちょうしらべ)。建物たてもの40万戸以上まんこいじょう全半壊ぜんはんかいしました。(今年ことしがつ10日現在とおかげんざい警察庁調けいさつちょうしらべ)

17万人以上まんにんいじょういま避難ひなん

 震災しんさい原発事故げんぱつじこ影響えいきょういまやく17まん4000にん郷里きょうりはなれて避難生活ひなんせいかつおくっています。岩手いわて宮城みやぎ福島ふくしま東北とうほくけんではけいまん7000人以上にんいじょうがプレハブ仮設かせつらしています。(今年ことし月各県調がつかくけんしらべ)

福島ふくしま原発事故げんぱつじこ

 福島県大熊町ふくしまけんおおくままち双葉町ふたばまちにまがたる東京電力福島第とうきょうでんりょくふくしまだい原子力発電所げんしりょくはつでんしょ津波つなみおそわれ、すべての電源でんげん停止ていし原子炉げんしろやすことができなくなったため爆発ばくはつこし、大量たいりょう放射性物質ほうしゃせいぶっしつ大気中たいきちゅう放出ほうしゅつされました。原子力事故げんしりょくじこのレベルをあらわ世界基準せかいきじゅんではこれまでで最悪さいあくの「レベル7」の事故じことなりました。

 原発周辺げんぱつしゅうへん中心ちゅうしん放射線ほうしゃせん汚染おせんされた地域ちいきでは、いま古里ふるさとかえることができないひとたちがたくさんいます。原発げんぱつがある大熊町おおくままち双葉町ふたばまちのほか、富岡町とみおかまち浪江町なみえまち町全体まちぜんたいほか自治体じちたいへの避難ひなんつづいています。

避難指示区域ひなんしじくいき

 原発事故げんぱつじこによる避難指示区域ひなんしじくいきは、帰宅困難区域きたくこんなんくいき年間積算放射線量ねんかんせきさんほうしゃせんりょう50ミリシーベルトちょう)▽居住制限区域きょじゅうせいげんくいきどう20ミリシーベルトちょう50ミリシーベルト以下いか)▽避難指示解除準備区域ひなんしじかいじょじゅんびくいきどう20ミリシーベルト以下いか)−−の3区域くいき再編さいへんされました。福島県ふくしまけんによると、これらの区域くいきから避難ひなんしているひと計約けいやくまん7000にんのぼります。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「百合子山は高かった」 落選の山本氏、完敗認めるも小池氏にチクリ

  2. 「人気低下、認めざるを得ない」 落選の立花氏 衆院選へ「戦略見直す」

  3. 「小池氏に手玉に取られた」自民、距離感に苦心 恐れる「次の行動」とは

  4. 遺体次々発見、変わり果てた姿に 言葉を失う被害の大きさ 熊本豪雨

  5. 東京都知事選 小池氏の再選確実「喫緊の課題はコロナ対策」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです