メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

震災5年

とうほくの今 一人一人の復興 改めて誓う(その1) /福島

いわき市豊間地区で行われた追悼式で涙をこらえる瀬谷純菜さん(左端)

 午後2時46分。目をつむり、5年前に命を落とした人たちの冥福を静かに祈った。県内各地で追悼式が開かれた11日。原発事故にも見舞われた福島は震災関連死が2000人を超え、地震・津波の犠牲者1613人を上回る。なお10万人近い人たちが県内外に避難し苦しい生活を続けるが、一人一人がそれぞれの「復興」を改めて誓う日となった。

この記事は有料記事です。

残り3368文字(全文3528文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 発症者に中高年多く 持病あると高リスク WHOなど分析

  2. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

  3. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  4. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  5. 行政ファイル 福山で15人食中毒 /広島

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです