メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新国立競技場

JSC、聖火台も「失点」 検討初会合

近年の夏季五輪の聖火台設置場所

 2020年東京五輪・パラリンピックの主会場となる新国立競技場の聖火台の設置場所を検討するためのワーキングチーム(WT)の初会合が11日、東京都内で行われ、19年11月の完成予定や総工費1490億円を超えないことを確認した。急浮上した聖火台を巡るドタバタは、旧整備計画では見積もりの甘さで総工費の高騰を招いた事業主体の日本スポーツ振興センター(JSC)に再び失点がついた。【田原和宏、山本浩資】

この記事は有料記事です。

残り1793文字(全文1990文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「夢のようなディズニー特別ツアー」詐欺相次ぐ 被害者が信じ込んだ、その手口

  2. 「このままでは皇室消滅」「女性皇族の議論なさ過ぎ」 専門家4氏が口にした危機感

  3. 身内にも「自助」要求? 菅氏方針にざわつく党内 連続比例復活で「重複」禁止

  4. 学術会議「国の機関から切り離し」 井上担当相の提案が波紋

  5. イラン核科学者暗殺 開発計画で中心的役割 実行犯不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです