若桜鉄道

「恋の日」にピンクのSL登場 鳥取

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ピンク色にしたC12型167号機のイメージ写真=若桜鉄道提供
ピンク色にしたC12型167号機のイメージ写真=若桜鉄道提供

 鳥取県の第三セクターの若桜鉄道(本社・同県若桜町)は12日、5月1日を語呂合わせで「恋の日」とし、同社が保有する蒸気機関車(SL)をピンク色に塗装して走らせることを発表した。

 塗装されるのは、1938年製のC12型167号機で、5月1〜8日の期間限定で若桜駅構内を走る。鳥取県では、第三セクターの智頭急行が2013年6月に恋山形駅(智頭町)をピンク色に塗り替えたことをきっかけに、ピンク色のカレ…

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文495文字)

あわせて読みたい

注目の特集