野党経済批判

「アベノミクス不況になりつつある」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
共産の小池晃政策委員長=藤井太郎撮影
共産の小池晃政策委員長=藤井太郎撮影

 野党は夏の参院選を控え、安倍晋三首相の経済政策、アベノミクスへの批判を強めている。個人消費の低迷などを背景に国民の「アベノミクス離れ」が進んでいるとみて、経済政策で正面対決し、自民1強にくさびを打ちこみたい考えだ。

 「3年たっても、一種の麻薬みたいな異次元金融緩和などの当面の対策に過度に依存し続けている。非常にリスクがある」。民主の岡…

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文423文字)

あわせて読みたい

注目の特集