メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジカ熱

WHO宣言後の国内2例目感染は愛知30代女性

 厚生労働省は11日、ブラジルに渡航歴がある愛知県の30代女性がジカ熱に感染したと発表した。国内でジカ熱の感染者が確認されたのは5例目で、2月1日の世界保健機関(WHO)の緊急事態宣言後は2例目。

 ジカ熱は蚊が媒介する感染症で、中南米で流行。女性は2月20日まで約2週間、ブラジルを旅行し、「現地で複…

この記事は有料記事です。

残り226文字(全文376文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  2. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  3. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  4. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  5. テセウスの船 第6話“衝撃ラスト”に視聴者「ビックリ!」「気持ちの整理が…」(ネタバレあり)

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです