メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

厚労省

医師や歯科医師19人処分 医業停止3年〜3カ月

 厚生労働省は11日、医師や歯科医師計19人を、刑事事件で有罪が確定したなどの理由で医業停止3年〜3カ月とする行政処分を発表した。免許の取り消しはなかった。処分は25日に発効する。【古関俊樹】

 処分者は次の通り。(当時の所属医療機関の所在地、医療機関名、氏名、処分理由。敬称・呼称略)

 <医業停止3年>勤務先なし、林俊吉(44)覚せい剤取締法違反など▽大阪市、小松診療所、小松明寿(61)詐欺▽長崎県佐世保市、心サポートクリニック、多々良一郎(59)同▽神奈川県大和市、たけだ歯科クリニック、武田充靖(42)同▽埼玉県富士見市、はらだ歯科、原田直明(63)強要未遂

 <医業停止2年>大阪市、陳内科クリニック、陳若富(56)覚せい剤取締法違反▽東京都調布市、多摩川病院、新田慎一郎(30)同▽勤務先なし、槙田清(58)同

この記事は有料記事です。

残り367文字(全文726文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  2. 池袋母子死亡事故 現場近くに慰霊碑、除幕式 松永さん「事故のない社会に」

  3. 山本太郎の現在地 (下)「世の中、見えてんのか?」 消費税5%、強気崩さないワケ

  4. 香港だけの問題じゃない 「国安法」で日本の表現の自由も脅かされる

  5. 地村保さん死去 93歳 拉致被害者・保志さんの父

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです