メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ

下水道整備進んでいないの? /和歌山

汚水処理人口ワースト2位 初期投資大きく、4割が未処理

 なるほドリ 県内の下水道整備が進んでいないって本当?

 記者 下水道や合併処理浄化槽などの汚水処理施設を利用できる人の割合を示す汚水処理人口普及率が、和歌山は2014年度末で59%と、都道府県別(福島を除く)で徳島(55・7%)に次ぐワースト2位。全国平均より30ポイントも低く、下水道に限れば50ポイント以上低い24・6%でした。

 Q 4割の人は汚水処理ができていないってこと?

この記事は有料記事です。

残り729文字(全文946文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. 検事長定年延長、揺れる法務・検察 「どう考えてもおかしいが、触れてはいけない雰囲気だ」

  3. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  4. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  5. 池江選手「生きていることが奇跡」 白血病公表後初のメディア 報ステ出演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです