メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

営農型メガソーラー

農業と太陽光発電を両立 国内最大級、北栄に完成 /鳥取

太陽光パネルの下で栽培されている常緑キリンソウ=鳥取県北栄町大谷で

 北栄町大谷で9日、農業と太陽光発電を両立させる営農型メガソーラー「北栄ソーラーファーム」(最大出力1000キロワット)の完成式があった。芝の栽培農地を一時転用して北栄町田井の農業法人「エナテクスファーム」(磯江公博社長)が建設。農地転用による営農型太陽光発電所として国内最大級という。

 耕作放棄や後継者不足が課題となる中、農業と太陽光発電を両立する「ソーラーシェアリング」により、持続可能な農業や地域の活性化を生み出す狙い。敷地(1万8758平方メートル)で芝の栽培をしていた所…

この記事は有料記事です。

残り361文字(全文601文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「面倒見の良い人」救助ヘリ落下死 女性悼む住民たち

  2. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  3. 被災後初の週末、ボランティアは予想以下 大雨で途中撤退も 長野市

  4. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです