メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

「LIFEKU」の挑戦(その1) にぎわい福島に再び

街路を飾る木の小物に色を塗る藪内義久さん(中央)と藁谷郁生さん(右)=福島市で、佐々木順一撮影

 2月の日曜日。福島市中心部から少し離れた住宅街にある洋服店「バーンズ」の2階は、朝からにぎやかだった。15人ほどのボランティアが家の形に切った板に色を塗っている。もうすぐ、草花と一緒に街路を彩る予定だ。幼い男の子が白壁に青い窓の家を描き上げると、女性たちが「子どもの方が上手」とにこやかに顔を見合わせた。

 なんてことのない光景に藁谷(わらがや)郁生さん(37)と藪内(やぶうち)義久さん(36)が目を細め…

この記事は有料記事です。

残り682文字(全文885文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  2. 行政ファイル 金沢の飲食店で食中毒 /石川

  3. 即位礼正殿の儀 安倍晋三首相の寿詞全文

  4. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  5. なるか埼玉の新名物 蕨市の「わらび餅」 完成まで2年、こだわりの新食感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです