メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
世界のヒット商品

中国★受話器の付いた複合機 京セラドキュメントソリューションズ

電話兼ファクス 今でも主流

 京セラの子会社「京セラドキュメントソリューションズ」(本社・大阪市)のファクス・プリンター複合機が中国で売り上げを伸ばしている。好調の理由は、中国特有のファクスの使い方を商品に反映させたことだ。

 同社が中国で低価格帯のモノクロ複合機の販売を始めたのは2012年12月。当初の製品は、日本のオフィスによくある「電話の受話器がないタイプ」だった。かつては日本でも電話兼ファクスが主流だったが、今は中小企業でもファクス専用回線を引くのが一般的。中国向けも、コストを抑えようと受話器はつけなかった。

 ところが発売早々、現地の仲介業者から「売り物にならない」とクレームがついた。内陸部では今も電話兼フ…

この記事は有料記事です。

残り691文字(全文1000文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あおり運転、傷害容疑で手配の43歳男を逮捕 大阪市内で茨城県警

  2. 「ナガシマスパーランド」ジャンボ海水プールに4万5000人 三重・桑名

  3. パトカーが4歳男児はねる 緊急走行中、横断歩道で 東京・千代田区

  4. ORICON NEWS 『サザエさん』マスオ役41年・増岡弘が卒業で感謝と惜しむ声続々「増岡マスオロスだ…」

  5. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです