メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読みトク!経済

サラリーマン1年生・なるほドリーマン君 今年の春闘の状況は?=回答・種市房子

大手、3年連続ベアへ 中小との格差解消も課題

 なるほドリーマン君 賃上げをめぐる議論が盛り上がってきたね。春闘について教えて。

 記者 毎年2〜3月ごろ、企業の経営側と労働側が、賃金や労働時間、育児休暇などさまざまな労働条件を話し合う交渉が春闘です。「春季生活闘争(しゅんきせいかつとうそう)」を略した言葉で、交渉結果は、4月から始まる新年度から反映されます。労働側はしっかりした話し合いをするために労働組合を組織して、経営側と交渉します。電機、自動車メーカー、鉄鋼など産業別に各社の労組が連携して賃上げを求めるのが特徴です。

 Q 賃金を上げる方法はいくつかあるの?

この記事は有料記事です。

残り1617文字(全文1899文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. 日本国内の感染者、4週間で27万人超に 米グーグルのAIが大幅増を予測

  3. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  4. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  5. メルケル首相がトランプ米大統領を擁護? 発言録をドイツ文学者が読み解く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです