メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

=東京都千代田区で、望月亮一撮影

 目覚めてすぐに起き上がらなくても、明け方の様子や鳥の声で、季節が変わったことがはっきり分かるようになりました。休みの日、日中に用を足して近所を歩いて帰ると、家の外のほうが暖かかったと、あれ、この感じは4月、ひと月早いのではと思ったりします。

 マンションの入り口で、毎年これでもかというほどに蕾(つぼみ)をふくらませ、長い時期、次々に大ぶりの花をつける「太(だい)神楽(かぐら)」が、今年は数えるほどです。そばのやぶ椿(つばき)も。ずいぶん長く住んでいますが、初めてのことです。

 といっても、こんなことにあれこれ思うのも年を経てのこと。60代の後半に入って、最近やっと、沢村貞子…

この記事は有料記事です。

残り1116文字(全文1405文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです