メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フォント

横浜らしい「濱明朝」応援 ネットで資金募る

横浜らしさをイメージした書体「濱明朝」と、開発した書体デザイナーの両見英世さん=横浜市中区で2016年2月19日午後0時17分、藤沢美由紀撮影

 横浜らしさを表現した書体(フォント)「濱(はま)明朝」を応援するクラウドファンディングが、4月10日まで行われている。すでに横浜ゆかりの商品やイベントのロゴとして使用され始めているが、多くの人に愛着を持って関わってもらうことが狙い。クラウドファンディングはインターネットで資金を募る取り組みで、支援額に応じ、書体のセットのほか濱明朝を使った手ぬぐいなどがもらえる。【藤沢美由紀】

 濱明朝を開発しているのは、書体メーカー「タイププロジェクト」(東京都)のデザイナー、両見英世(りょうけん・ひでよ)さん(34)。街固有の文化を書体に反映し、その街らしさを醸成する同社のプロジェクトの一環として、2009年から開発に取り組んだ。同年横浜は開港150周年を迎え、両見さんはさまざまな準備が行われる街を歩き、関連イベントにも参加。多くの人が横浜に海や港のイメージを持ち、港から始まった歴史…

この記事は有料記事です。

残り491文字(全文881文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

  5. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです