ロシア

トルコ軍機に照準 シリア領内の地対空ミサイル

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ブリュッセル斎藤義彦】ロシアがシリアに持ち込んだ地対空ミサイルでトルコ軍機に向けレーダー照射を行っていたことがわかった。レーダー照射はミサイル発射の前提となる危険な行為。またロシア軍機が昨年12月にもトルコを領空侵犯したことが確認された。トルコとシリアの国境地帯では、偶発的に衝突が起きる危険が続いている。

 北大西洋条約機構(NATO)外交筋が毎日新聞に明らかにした。

この記事は有料記事です。

残り634文字(全文820文字)

あわせて読みたい

ニュース特集