メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長野北部地震5年

牛舎再建「栄村のブランド牛広めたい」

地震でダメージを受けた村の畜産の復興を目指す樋口大樹さん=長野県栄村の「美雪ファーム樋口」で2016年3月11日午後3時21分、安元久美子撮影

 2011年3月、最大震度6強を観測した長野県北部地震は12日、発生から5年を迎えた。被害が集中した同県栄村の樋口大樹(ひろき)さん(28)は地震直後、家業の肉牛肥育を継いで、父と共に全半壊した牛舎を再建。出荷頭数は地震前の水準まで回復した。ただ、村内の他の畜産農家は休廃業したまま。「村のブランド牛を広め、村の畜産業を復興させたい」と意気込む。

 地震前、村では肉牛3、酪農1、養豚1の畜産農家があり、農業生産額の約2割を占めていた。畜舎の再建が…

この記事は有料記事です。

残り581文字(全文804文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです