甲状腺がん

家族の会を発足 福島県実施の健康調査で診断

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東京電力福島第1原発事故後に福島県が実施している県民健康調査で、甲状腺がんと診断された5人の患者とその家族が12日、「311甲状腺がん家族の会」を発足させた。孤立している患者や家族同士が親睦を深め、治療などに関する情報交換や、課題解決のために政府や県に働きかけをしていくという。

 健康調査では昨年末までに、事故当時18歳以下だった166人が甲状腺がんやその疑いと診断された。これまで患者や家族同士の交流の機会がなく…

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文520文字)

あわせて読みたい

注目の特集