メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人模様

理系教授、義太夫初舞台へ 坂本治久教授

 「稽古(けいこ)を重ねるたびに義太夫の奥深さや難しさを実感しています。初舞台ですが、気を引き締めて主人公に感情移入しながら場面の緊張感を演出したい」と話すのは、上智大学理工学部の坂本治久教授(51)。機械設計や計測、先進加工技術の研究開発の合間を縫って、21日の義太夫教室の発表会に向けた準備に余念がない。

 国際会議の際にフランス人研究者から日本の伝統芸能について聞かれ、満足に答えられなかった。「自国の伝統芸能を一つぐらい説明できるように」と思っていた時、文楽の公演に誘われた。「三味線と語り、人形が織りなす重層感に感動した」。文楽界の重鎮・豊竹英大夫(とよたけはなふさだゆう)さんの楽屋を訪ね、弟子入り志願した。

この記事は有料記事です。

残り129文字(全文438文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファンの存在の大きさを実感した1年 巨人・中川皓太投手

  2. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  3. 俳優・伊藤健太郎容疑者を釈放 任意で捜査へ

  4. 22歳孫の祖母介護殺人「これはあなた自身の問題」 江川紹子さんの読み解き方

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです