メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
風知草

重荷の行方=山田孝男

関西電力高浜原発(右から)4号機と3号機、2号機と1号機=福井県高浜町で2016年3月10日午前10時20分、本社ヘリから幾島健太郎撮影

 脱原発しかない。

 原発から出る使用済み燃料は重荷でしかない。

 研究施設のプルトニウムも重荷でしかない。

 重荷が増え続けるから高レベル核廃棄物の最終処分場さえ決まらない。

 もうすぐ決まるようなふりはやめてほしい。

 核燃サイクルがもうすぐ完成するかのようなウソもやめてもらいたい。

      ◇

 9日、大津地裁が、関西電力・高浜原発(福井県高浜町)の運転を差し止める仮処分を命じた。

 例によって、新聞各紙の評価は分かれた。

この記事は有料記事です。

残り1118文字(全文1328文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡「長浜の屋台」がピンチ 廃業相次ぎ「さみしか」 中洲や天神と明暗分かれ

  2. 「最古のポルシェ」売れず 18億円申し出あったが…米競売

  3. 大坂が世界1位守る 女子テニス・世界ランキング

  4. 滑落死 沼津の男性が北岳で /静岡

  5. ガソリン詰め替え「法的規制難しい」 京都市、身元確認の効果検証 京アニ放火

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです