メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災5年

教訓伝える上映会 台湾・台南

 2月の台湾南部地震で多くの死傷者が出た台南市のビル倒壊現場近くで11日夜、東日本大震災の被災者の心情を追ったドキュメンタリー映画が上映された。ビル倒壊現場周辺の住民や地元・台南芸術大の学生、訪台した東京芸術大の教員や学生ら約80人が参加。被災者への精神的支援の重要性などを改めて確認していた。

 作品は、東京芸術大卒の映像作家、小森はるかさんと、画家で作家の瀬尾夏美さんが手がけた「波のした、土のうえ」。岩手県陸前高田市の被災者3人の心情を丹念に描い…

この記事は有料記事です。

残り339文字(全文564文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

  2. 「絶滅」一転、イノシシ被害7300万円 山形、越冬できないはずが…

  3. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  4. グレタさん、自己紹介欄に「ガキ」 ブラジル大統領の「あんなガキ」発言で

  5. 京都市、建物高さ規制緩和 丹波口駅西側20メートル→31メートルに /京都

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです