メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

リトルアスリートクラブでは、子ども同士で組んで体を動かすことも=東京都文京区で、五味香織撮影

 新年度にあたり、子どもに習い事を始めさせようと考える人も多いだろう。スポーツや芸術のほか、教育的な内容まで、さまざまな教室がある。選び方や始める時期、頻度など、最近の習い事事情から考えた。

 「次は、カエルみたいに跳んでみよう」。東京都文京区のスポーツ施設で、男性スタッフが幼児約20人を前に手本を示した。学研グループが運営する運動教室「リトルアスリートクラブ」の年中・年長クラス。子どもたちは手足を使ってマット上を進んだり、用具を跳び越えたり、さまざまな方法で体を動かし、最後は跳び箱に挑戦した。

この記事は有料記事です。

残り1761文字(全文2010文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  2. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  3. 大津市長選、元滋賀県議の佐藤健司氏が初当選 反現職の自民系新人

  4. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

  5. 卓球全日本・波乱の結果 東京五輪代表5選手はなぜ勝てなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです