メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

巨人選手

公式戦で現金 勝敗巡りやりとり NPB認める

2013年9月22日の対広島戦の試合前、円陣を組む巨人の選手たち=東京ドームで、木葉健二撮影

 プロ野球・巨人の選手が自チームの公式戦の勝敗に絡んで現金のやりとりをしていたことが14日、分かった。巨人の森田清司総務本部長や、野球賭博問題の調査に当たっている日本野球機構(NPB)の調査委員会で委員長を務める大鶴基成弁護士が明らかにした。

 NPBではこの現金のやりとりを、昨年10月に発覚した巨人の投手3人による野球賭博関与について調査する過程で把握していたが、野球協約違反には当たらないと結論づけ、昨年11月の調査報告書で事実を公表しなかった。巨人も同様に公表しなかった。

 巨人によると、試合前に投手と野手に分かれて行う円陣で発声を担当した「声出し役」の選手が、その試合に勝てば他の選手から1人5000円を受け取り、負ければ他の選手に1000円ずつを支払っていた。1軍登録選手は投手が12人程度、野手が16人程度で、そのほとんどが参加。勝てば投手は6万円程度、野手は8万円程度が声出し役に渡る仕組みだった。

この記事は有料記事です。

残り500文字(全文906文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 色覚障害 日本人男性の20人に1人 「限定ユニ」乱造にも警鐘

  2. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  3. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  4. バスマットから考えるアスベスト問題 輸入禁止なのに「含まれていない」として輸入? 石綿水際対策の実態

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです